通信制高校の料金について

公立の場合、卒業率がとても低いといわれている

ただし、公立の場合、卒業率がとても低いといわれており、5人に2人くらいだと言われます。
その理由として挙げられているのが、私立のような学習に関するサポート体制が得られ難いということが挙げられています。
私立の場合にはこうした卒業するためのサポート体制が充実しているということも特徴だと言われています。
そのため、学費だけで公立を選ぶということはあまりおすすめではなく、私立のサポート体制なども考慮しながらぴったり合うところを選ぶということがおすすめだと言われているのです。
私立の学費は公立よりも高いという点がありますが、高等学校等就学支援金制度を活用することで、1単位あたりの授業料を少しでもリーズナブルにするということは可能です。
例えば、年間30単位で通算74単位以内の単位を受講するという場合、約4800円から1万2000円くらいの支援金を受けることができるのです。
こうした就学支援金の金額については保護者の市町村民税所得割額によって決定されると言われており、保護者所得割額が15万4500円より少ないという時には1単位7200円くらいの支給を受けられると言われているのです。
そうなると、学費が25万5000円の場合は学費が8万円くらいになります。
50万円くらいの学費でも30万円くらいになると言われていますので、こうした制度を活用してできるだけリーズナブルにするということができるのです。
このように、通信制高校は公立と私立では学費には違いがあると言われています。
よりお得になるのは公立の学校です。
しかし、就学支援金制度を活用することでよりお得に学校で学ぶことができるようになっているので、こうした制度を活用するということはポイントです。

学費は学習スタイルや公立か私立かによって大きく異なる就学支援金精度を活用できれば料金はより安くなります公立の場合、卒業率がとても低いといわれている