通信制高校の料金について

就学支援金精度を活用できれば料金はより安くなります

また、通信制の高校に入学するという場合、就学支援金精度を活用できれば料金はより安くなります。
この場合、公立に通う時に初年度にかかる料金は2万円くらい、私立の場合には自宅学習中心なら約8万円から約26万円、通学コースなら約30万円から約95万円となっています。
そのため、通信制の高校を選ぶ場合はできるだけ高等学校等就学支援金の支給を受けることがおすすめです。
就学支援金は国から学費支援が受けられる制度で、活用することでよりお得に学習をすることができるのです。
しかし、公立が約3万円位なのに対して私立の学費は高いといえますが、なぜ、公立の学費は私立と大きく違っているのでしょうか?この点については、私立の場合は1単位あたりの授業料が7000円から1万円であるのに対して、公立の授業料が約340円くらいで、私立の20分の1から30分の1ということなのです。
入学料が500円で、授業料は1単位が340えんくらい、25単位を採るとしたら約8500円です。
そして、授業料以外に必要になる費用として、日本スポーツ振興センターの共済掛金が1年で165円、実費で実習に必要な教材費が掛かります。
この点は科目により異なっており、レポート等の郵送費が100グラムまでが15円となります。
レポートなどの学習に必要な郵便物は通信教育のためのものであれば、第四種郵便として扱われますので、通常の郵便物よりも金銭的に少なくて済むようになっているのです。
また、取得する科目数などによっても異なっていると言われていますが、公立の場合は学費が1年で約3万円くらいであるため、費用の安さだけを考えればかなりお得になっているということなのです。

事情があり通学出来ない人に知ってほしい私の出たNHKの通信制高校を。
年に8回程度しかスクーリングがなくて仕事などに影響が少ない。
年間に10万程度の学費。
バイト代から出せる。
レポートは配布の教科書のみでフォロー出来る。
人間関係がもない。
高校卒業資格は普通高校と同じ。
神だった。

— 揺 (@sculpturesyour) 2019年4月3日

学費は学習スタイルや公立か私立かによって大きく異なる就学支援金精度を活用できれば料金はより安くなります公立の場合、卒業率がとても低いといわれている